あなたは知ってる?コントロールカラーのこと

コントロールカラーという言葉、雑誌やネットなどでみかけたことはありませんか?これってあちこちで目にはするけれども実は一体何のためにあるのか?

 

使い方がわからない、だけれども今更人には聞けないと思っている方も多いかと思います。ここではその「コントロールカラー」についてまとめてみたいと思います。

 

コントロールカラーの役割

ファンデーションは様々な肌悩みを解決してくれますが、実はその前に「コントロールカラー」を上手に使うとファンデーションの厚塗りを避ける事ができ、また上手に悩みをカバーすることができるのです。具体的に例を挙げてみましょう。

 

赤ら顔でファンデーションで頬の赤みが隠せない

 

シミ、ソバカスが濃い

 

肌悩みが多すぎてカバー力の高いものを選ぶようになり結果厚化粧で老け顔に

 

 

こんな方を助けるのがコントロールカラーなのです。ファンデーションの前にこちらをプラスすることで、ファンデションだけでは隠しきれなかった悩みを隠し、かつ薄化粧でも綺麗な仕上がりになります

 

色別のお悩み解決

グリーン

 

肌の赤みが気になる方。素肌の色がもともと赤いかたに向いています。全顔に塗ると白浮きしてしまうので、赤みが気になる所のみ使います

 

イエロー

 

顔がくすむ人、顔色が悪く見える人に向いているカラーです。シミ、ソバカス、クマを隠したい人はこちらを使いましょう

 

オレンジ

 

肌のくすみがひどい人、ブルーベースの方

 

ピンク

 

血色の悪い方。若々しい肌を目指したい方。色が白い人はこれを使えば良いのかというとそうではありません。例えば貧血気味で顔色が悪いなどであればピッタリでしょう

 

ベージュ

 

肌の色調に悩みはないけれども、シミ、ソバカスなどをしっかりカバーしたい人、自然な仕上がりにしたい人向けです

 

ブルー

 

肌に透明感の欲しい方。お洋服に合わせたい、肌を陶器のようにツルリと仕上げたい人向けです。全顔に使用できますが塗りすぎ注意。

 

上級者テクニック

コントロールカラーを上手に使うことで、よりメイクを効果的にすることができます。コントロールカラーも二色使いできれば、あなたの理想の肌に近づけることができるでしょう。例えばブルーとピンク。こちらを混ぜることで透明感を出しつつ血色を良くすることができます。

 

 

>>40代ファンデーション TOP